アンドロメダ銀河の多くの色のビデオ

欧州宇宙機関(ESA)によって打ち上げられ、維持されている宇宙望遠鏡は、アンドロメダ銀河(天の川に最も近い大きな渦巻銀河であるM31としても知られています)をさまざまな波長または電磁スペクトルの。電磁放射スペクトルのほんの一部である可視光を除いて、これらは目には見えません。それでも、以下のビデオが示すように、各波長または色は銀河の性質の異なる側面を示しています。

可視光はアンドロメダ銀河のさまざまな星を明らかにします。

私たちには見えない波長は、ESAの望遠鏡などの軌道望遠鏡にも見えます。

たとえば、ESAのプランク宇宙船は、電磁スペクトルの長波長端でマイクロ波を収集します。マイクロ波は、絶対零度の温度よりわずか数十度高い温度で、信じられないほど冷たい塵の粒子を明らかにします。

ESAのハーシェル宇宙望遠鏡は、より短い赤外線波長を観測し、わずかに高い温度の塵を明らかにします。アンドロメダ銀河の渦巻腕の中で、この塵は新しい星が生まれている領域を示しています。

画像クレジット:NASA / JPL-Caltech / P。バームビー



XMM-Newton望遠鏡は紫外線とX線を検出します。これらの波長または多くの人が寿命を迎えようとしている古い星や、すでに爆発して宇宙に衝撃波を送っている星を示しています。 XMM-Newtonは、2002年以来アンドロメダのコアを監視することにより、多くの変光星を明らかにしました。そのうちのいくつかは、新着

アンドロメダの中心からのX線。画像クレジット:NASA

紫外線の波長はまた、非常に重い星からの光を表示します。これらは、核燃料を使い果たし、通常、生まれてから数千万年以内に超新星として爆発するため、長生きしない若い星です。紫外線は通常、ほこりに吸収され、赤外線として再放出されます。紫外線が見える領域は、アンドロメダの比較的透明でほこりのない部分に直接対応しています。

アンドロメダからの光のスペクトルをキャプチャすることにより、欧州宇宙機関(ESA)は、天文学者が星のライフサイクルを追跡するのを支援する画像を作成しました。

ESA経由

アンドロメダ銀河の紫外線での史上最高の肖像画