火山がウォータールーでナポレオンを倒すのにどのように役立ったか

キャロラインブローガン/インペリアルカレッジロンドン

歴史家は、雨と泥だらけの状態が連合軍がフランスの皇帝ナポレオンボナパルトを打ち負かすのに役立ったことを知っていますワーテルローの戦い。 1815年6月の出来事は、ヨーロッパの歴史の流れを変えました。

2か月前、インドネシアのスンバワ島でタンボラ山という火山が噴火し、1816年に10万人が死亡し、地球が「夏のない年」に突入しました。

今、マシュー・ゲンゲ、インペリアルカレッジロンドンから、噴火からの電化された火山灰が電離層の電流を「短絡」する可能性があることを発見しました–雲の形成に責任がある大気の上位レベル。

調査結果、公開2018年8月21日、査読済みジャーナル地質学、噴火とナポレオンの敗北の間の提案されたリンクを確認することができます。

インペリアルカレッジロンドン経由の画像。



インペリアル大学地球科学工学部のGengeは、タンボラ火山の噴火が電離層を短絡させ、最終的には雲の形成の脈動につながったことを示唆しています。これはヨーロッパ中に大雨をもたらし、ナポレオンボナパルトの敗北に貢献したと彼は言いました。

この論文は、噴火が以前に考えられていたよりもはるかに高い灰を大気中に投げ出す可能性があることを示唆しています–地上62マイル(100 km)まで。

ゲンゲは言った:

以前、地質学者は、火山の噴煙が活発に上昇するため、火山灰が下層大気に閉じ込められると考えていました。しかし、私の研究によれば、灰は電気力によって上層大気に放出される可能性があります。

火山灰の浮揚

一連の実験は、静電力が浮力のみの場合よりもはるかに高い灰を持ち上げることができることを示しました。ゲンゲ博士は、帯電した火山灰がどれだけ浮揚できるかを計算するモデルを作成し、直径20万分の1メートル未満の粒子が大規模な噴火の際に電離層に到達する可能性があることを発見しました。彼は言った:

火山の噴煙と灰は両方とも負の電荷を持つ可能性があるため、噴煙は灰をはじき、大気中の高い位置に推進します。この効果は、2つの磁石がそれらの極が一致する場合に互いに押しのけられる方法と非常によく似ています。

実験結果は、他の噴火からの歴史的記録と一致しています。

1815年の気象記録はまばらであるため、彼の理論をテストするために、ゲンゲは別のインドネシアの火山、クラカタウの1883年の噴火後の気象記録を調べました。

データは、噴火が始まった直後に平均気温が低くなり、降雨量が減少したことを示し、噴火中の全球降雨量は、前後のいずれの期間よりも低かった。

電離層擾乱とまれな雲

彼はまた、フィリピンのピナツボ山の1991年の噴火後の電離層擾乱の報告を発見しました。これは、火山プルームからの電離層の帯電した灰によって引き起こされた可能性があります。

また、クラカタウ噴火後、通常よりも特殊な雲の種類が頻繁に出現しました。夜光雲まれで発光し、電離層で形成されます。したがって、ゲンゲは、これらの雲が大規模な火山噴火からの灰の静電浮揚の証拠を提供することを示唆しています。

ゲンゲは言った:

小説のヴィクトル・ユーゴー惨めなものワーテルローの戦いについて次のように述べています。「世界の崩壊をもたらすには、季節外れに曇った空で十分でした。」今、私たちは半世界からタンボラの戦いの一部を理解することに一歩近づいています。

結論:1815年に、帯電した火山灰が地球の大気を短絡させ、世界的な悪天候とナポレオンの敗北を引き起こした、と新しい研究は述べています。